「侍ジャパン」3連覇消える、WBC準決勝でプエルトリコに1-3

野球の国・地域別世界一を決めるワ ールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の「侍ジャパ ン」は日本時間の18日、プエルトリコとの準決勝に1-3で敗退、3連 覇の夢が消えた。

AT&Tパーク(米サンフランシスコ)での戦いでプエルトリコは 1回表、アビレスがセンター前適時打を先発前田健太から放って先制し た。7回表には代わった能見篤史からリオスが2点本塁打を打った。侍 ジャパンは8回裏に井端弘和の適時打で1点を返したが、続くチャンス に内川聖一の走塁ミスも出て好機を逃した。試合はTBSが中継した。

侍ジャパンは2006年の第1回WBCを王貞治監督の下でキューバを 破り制覇、09年の第2回は原辰徳監督で韓国を下して2連覇を成し遂げ ていた。今大会は山本浩二監督の指揮で3連覇を目指したが、プエルト リコに決勝進出を阻まれた。

試合後に山本監督は「選手は本当によくやってくれた。阿部慎之助 がチームをまとめてベテランがサポート、若手がついて行った」とメン バーを評価、「大きな国際大会での経験はこれからの野球人生にプラス になる」と語った。さらに「素晴らしい選手たちとできて私は幸せでし た」とも述べた。監督インタビューはTBSが放送した。

決勝戦は日本時間の20日の午前9時開始。もう1つの準決勝オラン ダ-ドミニカ共和国の勝者がプエルトリコと世界一の座を争う。

米国、韓国

今回の第3回WBCは野球新興国など16チームが4組に分かれて予 選を戦った。その各組1位の4チームと日本などの強豪を含む12チーム が4組に分かれて第1ラウンドを戦い、各組上位2チームが第2ラウン ドに進出、第2ラウンドのプール1と2の上位2チームの日本、オラン ダ、ドミニカ、プエルトリコが決勝ラウンドに進んだ。

前回準優勝の韓国は第1ラウンドで姿を消した。前々回準優勝のキ ューバ、米国は第2ラウンドで敗退した。

日本プロ野球選手会は昨夏、利益分配などをめぐりWBCが米大リ ーグ(MLB)利権拡大の大会になっているなどとして不参加を表明、 その後に権利関係が確認されたなどとして不参加を撤回した。

今大会の侍ジャパンは前回活躍したダルビッシュ有、岩隈久志 、 福留孝介、青木宣親、イチローらの大リーガーが出場せず、メンバー28 人すべてが日本の球団所属選手だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE