シャープ:クアルコム追加出資、3カ月延期-「資金繰り支障ない」

クアルコムと資本提携で合意してい るシャープは18日、第2回目の第3者割当増資の払い込みが当初予定よ り遅れると発表した。出資条件の1つが満たせなかった。

2012年12月に総額約99億円の資本提携で合意したシャープは、同月 内に49億円の払い込みを受けた。2回目の第3者割当増資は3月29日を 期限に行う予定だったが、条件の一つである新型「MEMS(メムス) ディスプレー」の量産化技術の確立が満たさず払い込みが予定通りに行 えなくなった。

シャープの中山みゆき広報担当によると、第2回目払い込みの条件 を満たさなかった場合、条件を満たすために3カ月(6月30日)までの 期間延長が許される。この延長に伴い、「資金繰りに支障をきたすこと はない」と、中山氏はブルームバーグの電話取材に答えた。

10時5分現在、シャープの株価は1.9%安の309円。一時2.5%安 の307円まで下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE