キプロス救済に銀行預金課税を組み 合わせるという前代未聞の措置について、欧州の政策当局者らが柔軟な 姿勢を示した。措置発表を受けて欧州株とユーロが下落、イタリアとス ペイン債利回りが上昇した市場の動きや、国民の大反発に配慮している とみられる。

欧州当局者らは銀行預金課税を通じた58億ユーロ(約7140億円)の 捻出をキプロスに求める一方で、小口預金者の負担軽減は同国政府次第 だの姿勢を示している。100億ユーロの救済融資の条件である課税につ いての同国での採決は再び延期され、議会は19日午後6時に開かれるこ とになった。銀行は18日の祝日に続き、19、20両日も休業になると当局 者が述べた。

欧州中央銀行(ECB)のアスムセン理事は18日ベルリンで、銀行 セクターを救うための課税の「構造をキプロスが変更したいと考えるな ら、そのような決定が可能だ」とし、「重要なのは計画通りの58億ユー ロの税収確保だ」と述べた。

キプロスの国内総生産(GDP)はユーロ圏全体の0.5%にも満た ないが、銀行預金への課税は新たな金融危機を引き起こす恐れがある。 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは今回の措置は欧 州全域での銀行債権者の保護を限定する方向での大きな一歩だと指摘。 国家のデフォルト(債務不履行)を防ぐためなら、金融市場混乱のリス クも辞さない当局者らの姿勢を示すものだと解説した。

キプロスの街ではATM(現金自動預払機)の前に行列ができ、他 国でも資金流出が起こる懸念が浮上。欧州中央銀行(ECB)が昨年9 月に財政難の国を支える方針を表明して以来落ち着いていた市場は、再 び混乱する恐れがある。

市場はがくぜん

CMCマーケッツ(シドニー)の市場担当チーフストラテジスト、 マイケル・マッカーシー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビ ューで、「トレーダーと投資家はこの措置にがくぜんとしている」と述 べた。ロシアのプーチン大統領は預金課税について「不公平でプロとし て失格、危険だ」と批判した。

キプロスのアナスタシアディス大統領は取り付け回避のため、一部 預金者に同国のガス資産からの収入を裏付けとする債券を配布する計画 を示したほか、10万ユーロまでは6.75%、それ以上は9.9%という当初 計画の税率を見直す考えも示した。政府はユーロ圏財務相らに、2万ユ ーロ未満の預金への課税免除を提案する計画だとキプロス議員2人が匿 名を条件に明らかにした。

また、当局者らによるとユーロ圏の財務担当当局者らが欧州中部時 間午後4時半から電話会議をし、その後同7時半から財務相らが電話会 議をする予定。

ドイツのショイブレ財務相が17日述べたところによると、銀行預金 課税は銀行債保有者に損失を負担させる案の代替で、同案にはキプロス 政府と欧州連合(EU)欧州委員会、ECBが反対だったという。た だ、事情に詳しい関係者は18日、銀行の劣後債保有者も損失負担を強い られる見込みだと述べている。

原題:EU Officials Pressing for Cyprus Bank Tax Signal Flexibility (2)(抜粋)

--取材協力:Corina Ruhe、Rebecca Christie、Maria Petrakis、 Marcus Bensasson、Georgios Georgiou、Gregory Viscusi、 Jeff Black、Susan Li、John Dawson.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE