富士山麓水宅配のウォーターダイレクト、初値3倍に-2日目

前週末15日に東京証券取引所のマザ ーズ市場に新規株式公開(IPO)し、上場初日を買い気配のまま終え ていたウォーターダイレクト株は2日目のきょう、ようやく初値を形成 した。公開価格(1200円)に対し3倍となる3600円となった。

同社は、家庭やオフィス向けにミネラルウォーターの宅配事業を展 開。富士山麓の山梨県富士吉田にある自社工場で、地下約200メートル からくみ上げた天然水の採水・ボトリングを行う。ウォーターサーバー の貸与、販売も手掛ける。

2013年3月期の業績見通しは、売上高が前期比28%増の70億円、純 利益は同23%減の1億9000万円。1株当たり純利益は95円2銭を見込 み、公開価格に基づき算出した予想PERは13倍だった。IPOに伴う 公募株数は25万株、オーバーアロットメントによる売り出しが3万7500 株。主幹事は野村証券が務めている。

証券ジャパン調査情報部の大谷正之部長は、「上場している同業他 社はそれほど多くなく、業態的に若干目新しさがある」と指摘。安全な 水への関心が高まる中、「まだ需要が伸びる余地のあるビジネス」と話 していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE