国境を越えた融資が13年ぶりの低い伸びに-国際決済銀行

世界の銀行が国境を越えて行う融資 は昨年7-9月(第3四半期)に13年ぶりの低い伸び率となった。ユー ロ圏の銀行向け融資の縮小が響いた。国際決済銀行(BIS)が17日発 表した。

BISのデータによると、同行に報告する銀行は昨年7-9月期に 国境を越えた融資を330億ドル(0.1%)増やした。そのうち銀行以外へ は1530億ドル(1.4%)増え、銀行向けは1200億ドル(0.7%)減少し た。

BISは「米国を中心にした銀行以外への国際融資の伸びはユーロ 圏の銀行向けの減少にほぼ相殺された」と説明した。

ユーロ圏3位の経済規模のイタリアの政局混迷が欧州債務危機を一 段と悪化させるとの懸念から、欧州域外の銀行は域内銀行への融資を減 らしている。厳格化されたバーゼル銀行監督委員会の資本規制も融資抑 制の要因となっている。

原題:Banks Raise Cross-Border Lending by Least in 13 Years, BIS Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE