ヘッジファンドの商品買い越し、過去8カ月で最大の増加

投資家による商品相場上昇を見込む 買い越しが過去8カ月で最大の増加を示した。米景気回復の兆しで需要 見通しが改善され、原油や綿花、銅、金相場が上昇したことが背景にあ る。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、ヘッジファ ンドなど大口投機家による米国の商品18銘柄の先物とオプションの買い 越しは12日終了週に30%増の52万8680枚となり、4年ぶりの低水準だっ た前週から増加し、昨年7月以降で最大の伸びを示した。

テウクリウム・トレーディング(米ニューメキシコ州)のサル・ギ ルバーティー社長兼最高投資責任者(CIO)は「市場関係者は経済が 成長しているという事実を受け入れつつあり、経済指標もそれを裏付け ている」と指摘。「このことが持続的な原材料需要を見込む理由付けに なっている」と述べた。

原題:Bullish Bets Jump Most Since July as Gold Rebounds: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE