中国中銀:元の交換性で3年内に動き-ラテンファイナンス

中国人民銀行(中央銀行)の易綱副 総裁は、人民元の交換性をめぐる「大きな展開」が今後3年以内にある との認識を示した。パナマでのラテンファイナンスとのインタビューで 語った。16日付の記事がウェブサイトに掲載された。

中国国家外為管理局(SAFE)局長も兼ねる易副総裁は、人民元 は均衡水準に近いとあらためて指摘。中国は「分散化され均衡の取れ た」投資ポートフォリオを持つ必要があるとし、新興市場の資産も投資 対象として見据えていることを明らかにした。

易副総裁は、米国債利回りの低下は市場に「多くの課題」があるこ とを意味する一方で、米国債は依然として「安全性と流動性を求める上 での主要な市場」だと語ったという。中国の外貨準備高が急激に積み上 がることはない見込みで、過去5、6四半期で伸びが相当鈍化したとも 述べた。

原題:Yi Sees Significant Moves on Yuan Convertibility: LatinFinance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE