安倍首相:確実に景気回復しつつある、参院選勝利へ決意-自民党大会

安倍晋三首相(自民党総裁)は17 日、大胆な金融政策を柱とする自らの経済・財政運営により、「日本の 景気は確実に回復しつつある」との認識を明らかにした。夏の参院選勝 利への決意も示した。都内のホテルでの党大会で演説した。

首相は安倍政権の誕生で、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民 間投資を引き出す成長戦略の「3本の矢」を次々と実行に移したことに より、「日本を覆っていた雰囲気が大きく変わったではないか。まさ に、今、確実に景気は回復しつつある」と述べ、自らの経済政策への自 信を示した。

その上で、夏の参院選について「勝ち抜いて、誇りある国・日本を 取り戻していく」と語った。

外交政策に関しては「アジア太平洋の海を自由の海として守ってい きたい。力による支配ではなくて法による秩序を構築していきたい」と 指摘。尖閣諸島をめぐって冷え込んでいる中国との関係については「日 本の扉は常に開かれている」と述べ、対話の必要性に言及した。

党大会は、大胆な金融政策などで強い経済を取り戻すことや自由貿 易の推進などを盛り込んだ2013年運動方針を採択した。

日本の繁栄へ強い姿勢で臨む-TPP交渉

運動方針は、環太平洋連携協定(TPP)などの経済連携に関して 「国益に即してメリットの大きなものは積極的に推進する」と明記。 TPP交渉では「特に農林水産分野をはじめとして国益がしっかり守ら れ、結果として日本の繁栄につながるよう政府と一体となって強い姿勢 で交渉に臨む」との方針を打ち出した。

金融政策では政府と日本銀行の共同声明に基づき、日銀が2%の物 価目標をできるだけ早期に実現することを含め、「政府と日銀がより一 層緊密な連携を図る中で共同声明の内容を着実に実行し、大胆な金政緩 和政策を実現する」ことを盛り込んだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE