中国人民銀の周総裁を再任、金融システム改革託す-全人代

中国の全国人民代表大会(全人代、 国会に相当)は、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁を再任した。 習近平国家主席を中心とする新指導部が市場を基盤とする金融システム 改革を深めてゆくことが示唆された。

16日の全人代では、温家宝氏を引き継いだ李克強首相の経済運営チ ームが承認され、周総裁(65)の任期延長が決まった。周総裁は共産党 が昨年11月に発表した新しい中央委員から外れたことから、退任すると の観測が一時出ていた。

シャドーバンキング(影の金融)の拡大への対応に迫られている中 国は、金融政策の実施方法をめぐる改革を進めており、金融市場の安定 維持に過去10年取り組んできた周総裁は金利規制緩和と海外での人民元 利用拡大を促す役割を担う。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)の大中華圏経済担当責任者、陸 挺氏(香港在勤)は、「周総裁は有能な中銀総裁であることを立証して いる。国内外でそう認識されている」と指摘、「周総裁の豊富な経験は 金融政策に実行にそれほど詳しくないかもしれない新指導者にとって有 益だろう」と述べた。

周総裁の再任は賛成2753票、反対158票、棄権41票で可決された。 陸氏は反対票について、「過去5年間、多くの資金供給がなされ、イン フレが悪化し住宅価格が高騰した」したとの心情を反映している可能性 があるとした上で、「こうした批判の一部は公平ではない」と語った。

原題:China Extends Zhou’s Record 10-Year Tenure as Central Bank Chief(抜粋)

--取材協力:Zheng Lifei、Zhang Dingmin、Jessica Zhou.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE