エラリアン氏:FRBが各国中銀に緩和を余儀なくさせた

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)のモハメド・エラリアン最高経営責任 者(CEO)は、米連邦準備制度理事会(FRB)による記録的規模の 金融刺激策でメキシコや日本など各国中銀が同様の措置を講じざるを得 なくなったと指摘した。

エラリアン氏は15日に米カリフォルニア州のスタンフォード大学で 講演し、米当局が政策金利を「人為的に低い」水準にしたことが複数の 通貨への上昇圧力となり、その国の経済競争力が損なわれかねない状況 にしたと指摘。「結果的にメキシコやブラジル、韓国、日本が全く同様 の措置を取ることを余儀なくされた」と述べた。

メキシコ中銀は先週、市場の大方の予想に反して2009年以来初の利 下げに踏み切った。日銀総裁への起用が15日に国会で承認された黒田東 彦氏はデフレ脱却に向け追加措置を講じる方針を表明している。

FRBは2008年12月以降、事実上のゼロ金利政策を維持しており、 経済成長のてこ入れと失業率の押し下げに向けた量的緩和第3弾(QE 3)として債券購入を実施している。エラリアン氏はこうした政策で FRBが株式投資家の「一番の味方」になり、金融市場の「価格設定 者」となったと指摘した。

原題:El-Erian Says Fed Has Forced World’s Central Banks to Ease (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE