ブラジル株:ボベスパ指数4日続落、住宅建設株が安い

15日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が4日続落。アナリスト予想を下回る利益を発表した MRVエンジェニャリア・エ・パルチシパソンエスを中心に住宅建設株 が値下がりした。

不動産仲介会社のLPSブラジル・コンスルトリア・ジ・イモベイ スは4週間ぶりの安値。昨年10-12月(第4四半期)の売上高が予想を 下回ったのが嫌気された。BM&Fボベスパ不動産株指数は5カ月で最 大の下げ。一方、建設資材メーカーのエテルニットはレアル安を受けて 輸出が増加したとの発表が好感され、昨年10月以来の高値を付けた。

ボベスパ指数は前日比0.7%安の56869.28で終了。今週の下落率 は2.7%に拡大した。通貨レアルは0.6%安の1ドル=1.9831レアル。ブ ルームバーグの集計データによると、ボベスパ指数構成銘柄で昨年第4 四半期利益を発表した44社のうち、31社はアナリスト予想を下回った。

ブラジル銀行のストラテジスト、ハミルトン・モレイラ氏は電話イ ンタビューで「予想を下回る第4四半期利益を発表した企業が多い。不 動産業界は最大の失望を誘ったセクターの1つだ」と指摘した。

原題:Bovespa Index Declines for Fourth Day as Earnings Miss Sinks MRV(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE