インド株(終了):下落、銀行株安い-ボラティリティ高まる

15日のインド株式相場は下落。今週 は4日下げた。銀行株と自動車銘柄の値下がりが目立ち、ボラティリテ ィ指数は約4カ月ぶり高水準に達した。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種指数は前日 比142.88ポイント(0.7%)安の19427.56で終了。前週末比では1.3%下 げた。ブルームバーグがまとめたデータによれば、同指数のボラティリ ティ(30日ベース)は12.9と、昨年10月29日以来の高水準となった。

銀行株ではICICI銀行とHDFC銀行の下げがきつい。両行な どがマネーロンダリング(資金洗浄)を行っていると報じたウェブサイ トがあり、これに関してインド準備銀行(中央銀行)が「情報を収集し ている」と14日明らかにした。両行も同日、調査中だと発表している。 自動車メーカーのタタ・モーターズとマルチ・スズキ・インディアも安 い。販売鈍化で利益に悪影響が及ぶとの懸念が広がった。

原題:Indian Stocks Drop for Fourth Day This Week; Lenders Lead Fall(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE