スペイン:12年末の公的債務はGDPの84.1%、欧州委予想以下

スペインの公的債務は2012年に前年 から20%増えた。銀行救済のため欧州から支援を受けたことに加え、地 方政府を支えるために借り入れが膨らんだ。年金および失業手当の給付 も政府財政の負担になった。

スペイン銀行(中央銀行)の推計によると、12年末時点の公的債務 は8844億ユーロ(約111兆円)と、前年同期の7365億ユーロから増え た。昨年末の債務は対国内総生産(GDP)比で84.1%。11年末 の69.3%や12年7-9月期の77.3%から上昇した。欧州連合(EU)欧 州委員会が予想した88.4%は下回った。

原題:Spain’s 2012 Public Debt Jumps 20%, Below EU Commission Forecast(抜粋)

--取材協力:Harumi Ichikura.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE