香港株(終了):下落、週間でも値下がり-BYDが安い

香港株式相場は下落。週間でもハン セン指数が3週間ぶりに反落した。中国の自動車メーカー、比亜迪 (BYD)が値下がり。増資を計画しているとの報道が響いた。不動産 株も安い。

香港に上場する中国本土の不動産会社で2位のチャイナ・リソーシ ズランド(華潤置地、1109 HK)は5.4%安。同業のニューワールド・デ ベロップメント(新世界発展、17 HK)やワーフ・ホールディングス (九龍倉集団、4 HK)も下落した。投資家ウォーレン・バフェット氏率 いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイが出資しているBYD (1211 HK)は7.8%下げた。

一方、北米を最大市場とする電動工具メーカーのテクトロニック・ インダストリーズ(創科実業、669 HK)は2.8%高。先週の米新規失業 保険申請件数が予想より少なかったことが好感された。

IGインベストメントのファンドマネジャー、ベンジャミン・タム 氏(香港在勤)は「短期的に中国と香港の不動産市場で多くの悪材料が 出たため、多くの投資家が様子見すると思う」と述べた上で、「中長期 的には米景気回復が中国の輸出改善につながるか、また中国政府が新た な刺激策を打ち出すかを引き続き見極めている」と説明した。

ハンセン指数は前日比86.07ポイント(0.4%)安の22533.11で終 了。構成銘柄中、値下がりと値上がりの比率は約4対1。今週は2.4% 下落した。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.7%安 の11020.89。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE