NY外為:ドルが対ユーロ下落、インフレ抑制で緩和継続観測

15日のニューヨーク外国為替市場で はドルが対ユーロで1週間ぶり安値に下落。2月の米消費者物価統計で インフレ抑制が示され、米金融当局が量的緩和を継続するとの見方が広 がった。

週間ベースのドルは対ユーロで下落。2月1日終了週以来初めて下 げた。19-20日には米連邦公開市場委員会(FOMC)会合が開かれ る。ユーロは主要16通貨のうち12通貨に対して上昇した。ブリュッセル で開かれた欧州連合(EU)首脳会議を受けてキプロス救済策への道が 開けたことが好感された。

オンライン為替取引オアンダ・コープのシニア通貨アナリスト、ア ルフォンソ・エスパルザ氏(トロント在勤)は「ドル相場は経済統計を 材料に動いていたが、ここに来て現実に戻された」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで0.6%下げて1 ユーロ=1.3076ドル。8日以来の安値となった。ドルは対円では0.9% 下げて1ドル=95円28銭。円は対ユーロで0.3%上昇して1ユーロ=124 円58銭だった。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は0.6%下げて82.138。前日は83.166と、昨年8月3日以来の最 高をつけていた。

米CPI統計

米労働省が発表した2月の消費者物価総合指数(CPI、季節調整 済み)は前年同月比で2%上昇。前月は1.6%上昇だった。食品とエネ ルギーを除いたコア指数も前年比で2%上昇した。前月は1.9%の上昇 だった。

クレディ・アグリコルの為替ストラテジスト、シレーン・ハラーリ 氏(ニューヨーク在勤)は、「米当局は現在の金融政策を当面は継続す るだろう。年末にかけてオープンエンドの資産購入を縮小させる可能性 はある」と述べた。

CPIは前月比0.7%上昇で、これは09年6月以来の大幅な伸び。 またCPIがプラスとなるのは4カ月ぶり。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミスト調査の予想中央値は0.5%の上昇だった。指数 全体の上昇のうちガソリンの上昇がほぼ75%を占めた。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ドルは年初から2.5%高。ユーロは1.5%上昇した。一方、円 は7.6%下落した。

キプロス支援

EU首脳会議を受けてユーロ圏財務相らが15日の会合でキプロス救 済策で合意する道が開けた。キプロスは昨年6月に救済要請したが、債 務削減方法をめぐって支援協議が難航し、合意が遅れている。

モルガン・スタンレーの欧州為替戦略責任者、イアン・スタナード 氏(ロンドン在勤)は「キプロスのニュースは前向きに受け止められて いる。それがユーロにある程度の買い安心感を与えている」と述べた。

ポンドは一時、対ドルで1週間ぶり高値をつけた。イングランド銀 行(英中央銀行)のキング総裁が英テレビ局ITVニュースとのインタ ビューで、「為替相場の水準を決めるのは市場であって、われわれでは ない」と述べていた。

ポンドは対ドルで0.2%高。ブルームバーグ相関加重通貨指数によ ると、ポンドは年初から5.5%下げている。

原題:Dollar Falls to 1-Week Low as CPI Backs Fed; Pound Erases Gain(抜粋)

--取材協力:Anchalee Worrachate、Lucy Meakin、Masaki Kondo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE