トヨタ:個人投資家からの人気度が07年以来最大に-野村調査

トヨタ自動車が、個人投資家の間で 最も人気のある投資銘柄になったことが野村ホールディングスが実施し た調査で15日分かった。

トヨタは野村証券金融経済研究所が実施した「関心のある銘柄」調 査ですべての日本企業の中で1位となった。野村の山下兼史広報担当に よれば、トヨタの人気度を示すスコアは140と2007年6月に調査を開始 して以来最大。今回の調査では2位がみずほフィナンシャルグループで スコアは35、3位には武田薬品工業が25で続いた。

野村は2万4000人の個人投資家から無作為に抽出した3000人を対象 に3月4日、5日の両日にかけて調査を行った。その中で「短期、長期 を問わず株式を保有したいと思う銘柄」を1つ挙げてもらい先着1000人 からの回答を集計した。トヨタと答えたのは前回の97人から44%増加し た。

トヨタ株は円安による業績回復期待から今年に入り25%上昇、日経 平均株価の21%を上回っている。今回の調査結果は、今後もなお個人投 資家がトヨタ株を取得しようと検討しているか、注目していることを表 している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE