米ゴールドマン、ストレステストの資料に誤り-最終版で訂正

資産規模で米銀5位のゴールドマ ン・サックス・グループが今年、連邦準備制度理事会(FRB)に提出 したストレステスト(健全性審査)の資料に誤りが含まれており、同行 が最終版で修正したことが分かった。

FRBの幹部1人によると、この誤りは一部資本証券の償還時期に 関するもので、一部の自己資本比率の計算に影響を与えた。この問題に ついて公に発言する権限がないとして事情に詳しい関係者1人が匿名で 語ったところでは、ゴールドマンが誤りを発見し、FRBに報告した。

FRBはゴールドマンなど米銀大手18行に対し、深刻な景気下降の 下でも維持できると考えられる自己資本比率の見積もりのほか、自社株 買い・配当計画を1月末までに提出するよう求めていた。

関係者によると、今回の誤りが明らかになったことで、FRBがゴ ールドマンに新たな資本計画の提出を求めることはなかった。

原題:Goldman Sachs Corrected Error in Stress Test Submission to Fed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE