来週のNY原油:45%が下落予想-在庫が8カ月ぶり高水準

来週のニューヨーク原油先物相場は 下落するとの見方が優勢だ。米原油生産が増え在庫が8カ月ぶり高水準 に積み上がったことが背景。

ブルームバーグ・ニュースがアナリスト29人を対象に実施した調査 では、13人(45%)が来週の原油先物相場が下落すると予測。上昇を予 想したのは10人(34%)だった。ほぼ変わらずの予想は6人。前回 は46%が下落を予想した。

米エネルギー情報局によると、先週の原油在庫は262万バレル増え て3億8400万バレルで、昨年6月22日終了週以降で最高となった。原油 生産は0.9%増の日量716万バレルで、1992年7月以降では最大。前週の 原油先物相場は200日移動平均線近辺で取引された。

RJOフューチャーズ(シカゴ)の商品担当シニアブローカー、ト ム・パワー氏は電子メールで「原油価格は在庫と生産が増えているの で、下落は続くだろう。200日移動平均線を試しそうだ」と述べた。

2004年4月の調査開始以降、相場の方向性を正しく予測した確率 は50%となっている。ブルームバーグは翌週の原油価格について、石油 アナリストとトレーダーに見通しを尋ねる調査を毎週木曜日に実施して いる。

原題:Oil May Fall as Rising Output Boosts Inventories, Survey Shows(抜粋)

--取材協力:Grant Smith、Christian Schmollinger、Yee Kai Pin、Winnie Zhu、Jing Yang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE