中国の鉄鋼需要の伸び、4年ぶり低水準から回復か-鉄道増設

中国の鉄鋼需要の伸びが4年ぶりの 低水準から回復し、鉄鋼会社や鉄鉱石を供給する生産会社の収益が下支 えされるとの見方が広がっている。中国は世界最大の鉄鋼消費国。

ブルームバーグ・ニュースがアナリスト6人を対象に実施した調査 の中央値では、生産と純輸入を含めた見掛け消費量は今年、4.6%増加 し7億880万トンになると予想されている。昨年の需要は2.9%増の6 億7780万トンだった。

中国は鉄道建設向けに過去3年で最大の6500億元(約10兆円)の投 資を計画している。鉄鋼需要の伸びにより、ブラジルのヴァーレや英豪 系リオ・ティント、豪英系BHPビリトンなどの鉄鉱石輸出大手が恩恵 を受けそうだ。中国の今年の乗用車販売が2010年以降で最も好調である ことも鉄鋼会社にとって追い風になっており、宝山鋼鉄などの鉄鋼会社 は鉄鋼製品価格を昨年6月以来の高水準に引き上げた。

原題:China Steel Demand Rebounding as Nation Adds Railways, Cars(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE