独VWとBMW:13年も欧州自動車業界にとって困難な年に

ドイツの自動車メーカーのフォルク スワーゲン(VW)とBMWは、欧州自動車業界にとって2013年が「困 難な」年になるとの見通しを示した。域内市場の縮小や自動車価格の下 落、中国での販売の伸び鈍化を理由に挙げた。

欧州最大の自動車メーカーであるVWのマルティン・ウィンターコ ルン最高経営責任者(CEO)は同社が「より激しい競争と厳しい経済 状況」に直面していると指摘。これを受けてVWの株価は約4カ月ぶり 安値に下落した。一方、世界最大の高級車メーカー、BMWのノルベル ト・ライトホッファCEOも「多くの市場で困難な状況が続く公算が大 きい」との見方を示した。

欧州自動車工業会(ACEA)によると、1月の欧州の業界全体の 新車販売台数が同月としては1990年の統計開始後で過去最低を記録。 BMWとVWは、欧州の落ち込みを中国と米国での伸びで補うことを期 待している。

しかし、ドイツのベルギッシュ・グラートバッハ応用科学大学自動 車研究センターのディレクター、シュテファン・ブラッツェル氏は「状 況が悪化しているのは欧州市場だけではない」と指摘。「昨年は中国で の伸び率が1桁台に鈍化し、13年は米国市場も横ばい状態となりそう だ。その一方で、販売を拡大するための費用などは増えている」と述べ た。

原題:VW Says Profit Won’t Increase as BMW Sees Economy Challenges (1)(抜粋)

--取材協力:Chris Reiter.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE