米アメックス、資本計画を修正して承認獲得-自社株買い削減

米クレジットカード会社アメリカ ン・エキスプレス(アメックス)は、15%の増配と自社株買いを盛り込 んだ同社の修正資本計画が米連邦準備制度理事会(FRB)の承認を得 たことを明らかにした。

14日の発表資料によると、アメックスは四半期配当を1株当たり20 セントから23セントに引き上げるほか、自社株買いを今年4-12月に最 大32億ドル(約3070億円)相当、来年1-3月に同10億ドル相当実施す る計画。今年1-3月は約8億ドル相当の買い戻しを進めているとい う。

FRBはストレステスト(健全性審査)の結果を受けて、アメック スの当初の資本計画の承認を見送っていた。同社は当初、今年4-12月 に最大47億ドル相当、来年1-3月に同10億ドル相当の自社株買いの承 認を求めていた。同計画では中核的自己資本(Tier1)比率 が4.97%となり、FRBが最低限度とする5%を割り込む見通しだっ た。FRBの14日の資料によると、修正計画での同比率は6.42%となる 見通し。

ストレステストの対象となった18社のうち、FRBに当初の資本計 画が承認されなかったのはアメックスを含む3社。このうち修正計画で 承認を受けたのはアメックスのみだった。

原題:AmEx Boosts Dividend, Plans Buybacks After First Plan Nixed (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE