モルガンS:証券合弁事業の未保有株取得へ-FRBが計画承認

米モルガン・スタンレーは米連邦準 備制度理事会(FRB)のストレステスト(健全性審査)で資本計画が 承認されたことを受け、米シティグループとのウェルスマネジメント合 弁事業の未保有株35%を買収する。

14日のモルガン・スタンレーの提出書類によれば、買収には他の監 督当局の承認も必要。FRBの同日の報告によると、最も深刻な経済シ ナリオを想定した場合のモルガン・スタンレーの中核的自己資本(Ti er1)比率は未保有株の買収後も5.62%となる。

モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン最高経営責任者 (CEO)は既にシティグループとの間で未保有株の取得価格を設定し ている。同社の1月の発表によると、未保有株に対して47億ドル(現在 のレートで約4500億円)を支払う計画で、それに伴い新たに4億ドルの 資本が要求される。

ゴーマンCEOは「FRBが当社の資本計画に反対しなかったの は、2009年から戦略上重要な優先課題の1つと位置づけてきたウェルス マネジメント事業の完全所有に向けた重要な一歩だ」と述べ、買収完了 に期待感を示した。

モルガン・スタンレーは配当や自社株買いを通じた新たな株主還元 策についてはFRBに承認を求めていなかった。

原題:Morgan Stanley Will Buy Rest of Brokerage Following Fed Approval(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE