米ウェルズF:配当20%引き上げへ-FRBが資本計画承認

米住宅金融最大手ウェルズ・ファー ゴは14日、米連邦準備制度理事会(FRB)が同行の資本計画を承認し たことを受け、配当を20%引き上げる方針を明らかにした。

同行の発表文によると、2013年4-6月(第2四半期)の配当は1 株当たり30セントになる見通し。従来の四半期配当は25セントだった。 今年は昨年の規模を上回る自社株買いを実施する計画も示したが、具体 的な数字には触れていない。同行は昨年、配当を83%引き上げ、約40億 ドル(約3840億円)相当の自社株買いを実施した。

FRBは14日、米大手銀18行の資本計画についての判断を示した。 先週公表された年次ストレステスト(健全性審査)の結果では、18行の うち17行は深刻なリセッション(景気後退)に耐えられ、自己資本の最 低基準を維持できるとの判断が示されていた。

ウェルズ・ファーゴによると、増配計画は取締役会の承認が必要。

原題:Wells Fargo Raises Dividend 20 Percent as Fed Gives Approval(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE