米財務長官:企業は法の統治下-ドッド・フランク法の施行継続

ルー米財務長官は14日、全ての企業 は法の統治下にあると述べた上で、財務省は金融機関のミスの代償を納 税者が支払わずに済むように設計された米金融規制改革法(ドッド・フ ランク法)の施行を継続すると語った。

ルー長官はジョージア州アルファレッタにある独シーメンスの施設 を視察後、記者団に対し、「全ての人間と企業は法を超越する存在では ない。われわれには米国民を守るために法を執行する義務がある」と言 明。「ドッド・フランク法の施行を完了させるとともに、全ての法律を 引き続き遂行する」と述べた。

ルー長官はホルダー米司法長官の先週のコメントに関する質問に答 えた。ホルダー長官は巨大金融機関で不正行為が発覚しても、その大き さのために同省が訴追手続きに動くことが難しくなっているとの認識を 示していた。

財務長官就任後初の記者会見を開いたルー長官はまた、米国には雇 用を生み出すダイナミックな経済が必要であり、米製造業には「明るい 未来」があると強調した。財務省はルー長官が19日から2日間の日程で 北京を訪問し、中国の新政府当局者と会談することを明らかにした。

原題:Lew Says No Company Above Law as Treasury Implements Dodd-Frank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE