米国株:続伸、S&P500種は高値に接近-失業保険申請が減少

米株式相場は続伸。S&P500種株 価指数は過去最高値にあと2ポイント未満に迫った。先週の新規失業保 険申請件数が予想に反して減少したことが買いを誘った。

シェブロンやチェサピーク・エナジーなどエネルギー株が上昇。ラ イランド・グループやパルトグループなど住宅建設株も高い。一方、オ ンライン証券会社Eトレード・ファイナンシャルは下落。ヘッジファン ド、シタデルが保有株の売却に動いていることを明らかにした。

S&P500種株価指数は0.6%高の1563.23で終了した。ダウ工業 株30種平均は83.86ドル(0.6%)上げて14539.14ドルとなり、最高値を 更新。上昇は10日連続と、1996年以降で最長の連続高となった。米証券 取引所全体の出来高は約60億株と、過去3カ月の平均を4.6%下回っ た。

リー・マンダー・キャピタル・グループ(ボストン)の最高投資責 任者(CIO)、ジェフリー・デービス氏は「火に燃料をもう少し加え た格好だ。経済のファンダメンタルズに支えられ、相場とテクニカル要 因の両方で勢いづいてしばらく経つ。相場は以前ほど割安ではないもの の、上昇は続きそうだ」と述べた。

S&P500種は2007年10月に付けた過去最高値1565.15まであと2ポ イント未満に迫ってきた。

S&P500種の株価収益率(PER)は15.4倍と、22カ月ぶりの高 水準。過去10年の平均である16.6倍をなお6.7%下回っている。ダウ平 均は14.2倍とほぼ2年ぶりの高水準にあるが、過去10年の平均15.8倍 を10%下回っている。

「更新すれば様子見姿勢変わる」

リッジワース・キャピタル・マネジメントのシニアストラテジス ト、アラン・ゲイル氏は「S&P500種が最高値を更新すれば、様子見 に回っている参加者に対し、株式相場について再考するよう促すメッセ ージを送ることになる」と指摘。「米経済は景気の勢いという面で再び 先導的な役割を担っている。住宅市場は回復を示しており、それは資産 にとって全て良いことだ。失業保険申請件数の減少は雇用市場が引き続 き回復していることを示唆している」と述べた。

S&P500種の下げに備えたオプションのコストを示すシカゴ・オ プション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX)は4.5% 低下の11.30と、2007年2月以来の低水準。

労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週比1万件減の33万2000件と、1月中旬以来の低水準。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト49人の予想中央値は35万件へ の増加だった。より変動の少ない4週移動平均は34万6750件と、景気後 退下にあった2008年3月以来の水準に減少した。

欧州株式相場は4年半ぶり高値を付けた。2日間の日程で開催され る欧州連合(EU)首脳会議に注目が集まっている。

S&P500種のセクター別ではエネルギーや通信サービス、ハイテ ク株が特に上昇した。シェブロンは1.4%高。チェサピークは5.2%高と S&P500種の構成銘柄で上昇率トップ。

S&P住宅建設株指数は2.1%上昇。構成する全11銘柄が上昇し た。

一方、Eトレードは8.2%安と、S&P500種で最も下げがきつい。 最大株主のシタデルは13日夜、Eトレードが身売り先の模索を拒否した ため、2740万株前後を売却すると発表した。

原題:U.S. Stocks Climb on Jobless Data as S&P 500 Approaches Record(抜粋)

--取材協力:Sarah Jones.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE