ヘッジファンドの清算増加、欧州危機などで過去3年で最多

ヘッジファンドの清算が3年ぶりの 数に増加していたことがデータで明らかになった。欧州債務危機と世界 経済の成長不安が響き、2兆3000億ドル(約221兆円)規模の業界の成 績は低迷した。

ヘッジファンド・リサーチ(シカゴ)の14日の発表によると、12年 に閉鎖されたヘッジファンドは873社に増加し、09年以来で最多となっ た。一方で1108社が新設され、全体では純増となった。

08年の米リーマン・ブラザーズ・ホールディングス破綻(はたん) 以降、世界的な金融不安で投資家からの資金集めが難しくなり、小規模 なヘッジファンドは特に大きな打撃を受けた。ヘッジファンド・リサー チによれば、昨年10-12月には34億ドルがヘッジファンド業界に流入し たが、その65%は運用資産50億ドル超のファンドに流れた。一方、10億 ドル未満のファンドに流入したのは全体の8.7%だった。

ヘッジファンド・リサーチの発表文の中で、ケネス・ハインツ社長 は「中・小規模のファンドや新規ファンドなど、新興の運用者にとって の資金集め環境は引き続き厳しかった」と指摘した。

12年に閉鎖したファンドの3分の1以上が株式に投資するファンド だった。ヘッジファンド・リサーチによると、12年10-12月に清算され たファンドは238社で、四半期の数としては10年1-3月の240社以来で 最多だった。

原題:Hedge-Fund Liquidations Reach Three-Year High in 2012 on Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE