アジア・太平洋株式サマリー:ハンセン指数は反発、中印株も高い

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株は反発。ハンセン指数は今週初めて上昇した。銀行株がプラ スに転じたほか、公益株も高い。一方、不動産株は下落。HSBCホー ルディングスが香港での住宅金利を引き上げ、中国が不動産抑制策を強 化するとの懸念が強まった。

時価総額で世界最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)は1.1%高。 一時は1.3%安まで下げていた。天然ガス、石油ガスを供給する華潤燃 気(チャイナ・リソーシズ・ガス・グループ、1193 HK)は上場来高値 を記録。通期の利益が増えたことが寄与した。米ナイキの靴を受託生産 する裕元工業(集団、551 HK)は1.2%高。

一方、香港最大の不動産開発会社、サンフンカイ・プロパティーズ (新鴻基地産発展、16 HK)は3.3%下落。同業のヘンダーソン・ラン ド・デベロップメント(恒基兆業地産、12 HK)も安い。

ハンセン指数は前日比62.53ポイント(0.3%)高の22619.18と、8 日以来の大幅高で終了。ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.6%高 の11101.96。一時は2月1日に付けた高値から10%余り下げていたが、 引けにかけて上昇に転じた。

第一上海証券のチーフストラテジスト、ライナス・イップ氏(香港 在勤)は「短期的に依然として市場は圧迫されているが、現在は長期的 なサポートレベルの圏内に入りつつある」と指摘した。

【中国株式市況】

中国株式市場では、上海総合指数が6営業日ぶりに反発した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前日比6.32ポイント(0.3%)高の2270.28で終了。 前日までに5営業日続落し、計3.6%下落していた。上海、深圳両証取 のA株に連動するCSI300指数は前日比0.3%高の2534.27。

上海浦東発展銀行(600000 CH)は2%上昇。昨年の25%増益を好 感した。上海医薬集団(601607 CH)は1%高。同業企業への出資で2013 年の1株利益が押し上げられると国信証券がリポートで指摘した。中国 農業銀行(601288 CH)も高い。エン州煤業(600188 CH)は10%上げ た。

不動産開発の万科企業(000002 CH) は1.4%安。保利房地産集団 (600048 CH)は0.4%安。姜偉新・住宅都市農村建設相が抑制策を受け 今年は不動産価格が低下すると述べた。

中原証券の李俊ストラテジスト(上海在勤)は「回復ペース鈍化や インフレの脅威をめぐる懸念が依然続いている」と指摘。「こうした懸 念が残る限り、株式相場の反発は弱いものにとどまるだろう」との見方 を示した。

【インド株式市況】

インド株式相場は4営業日ぶりに上昇。コアインフレの鈍化を受 け、インド準備銀行(中央銀行)が来週利下げを決定するとの観測が広 がった。銀行株と消費関連銘柄が高い。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種指数は前日 比207.89ポイント(1.1%)高の19570.44で終了。売買高は30日平均 を10%上回った。民間銀大手のICICI銀行とHDFC銀行はそれぞ れ2%強の上げとなった。インドで日用品最大手のヒンドゥスタン・ユ ニリーバは5営業日続伸。

この日発表された物価統計に基づいてブルームバーグが算出したと ころによると、コアインフレの指標となる非工業製品価格は2月に前年 同月比3.77%上昇と、伸び率は1月の4.1%を下回った。バークレイズ はリポートで、同価格がほぼ3年ぶりに4%の水準を下回ったと指摘し た。

ブルームバーグがエコノミスト16人を対象にした調査によれば、イ ンド中銀は政策金利を7.75%から7.5%に引き下げると15人が予想して いる。同中銀による最後の利下げは、1月29日の0.25ポイント引き下げ だった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比60.17ポイント(1.2%)安の5032.22。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比2.40ポイント(0.1%)高の2002.13。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比43.75ポイント(0.6%)安の7951.76。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE