米経常赤字:第4四半期は縮小、年間では拡大し4年ぶり高水

2012年第4四半期(10-12月)の米 経常収支では、予想外に赤字が前四半期比で縮小した。

米商務省の発表によると、第4四半期の経常赤字は1104億ドル。ブ ルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は1125億 ドルの赤字だった。前四半期の赤字額は1124億ドル(速報値1075億ド ル)に修正された。2012年通年の経常赤字は前年比1.9%拡大して4750 億ドルと、過去4年で最大だった。

第4四半期の経常赤字は対国内総生産(GDP)比2.8%と、比率 は前四半期比と変わらず。これまでの最高は2005年10-12月(第4四半 期)の6.5%。

経常赤字の大半を占める財・サービスを合わせた貿易赤字は1284億 ドルの赤字と、前四半期の1248億ドルから拡大した。

海外資産によって米国が得た所得は1909億ドルと、前四半期から81 億ドル増加した。在米資産によって海外が得た所得は、前期比23億ドル 増の1385億ドル。この結果、所得収支は524億ドルの黒字、前四半期 の466億ドルから拡大した。

移転収支は344億ドルの赤字。前四半期から拡大した。

い。

原題:Current-Account Deficit in U.S. Narrowed 1.8% in Fourth Quarter(抜粋)

--取材協力:Alexandre Tanzi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE