中国のバッドバンク、信達資産が香港でIPO目指す-関係者

中国で1999年に設立された不良資産 受け皿会社4社の一角、中国信達資産管理(チャイナ・シンダ・アセッ ト・マネジメント)が香港で30億ドル(約2900億円)規模の新規株式公 開(IPO)を目指す方針だ。事情に詳しい2人の関係者が明らかにし た。

情報は非公開だとして関係者の1人が匿名を条件に述べたところに よれば、国有の信達資産は2014年にIPOを始める見込み。同社はまだ IPO業務を託す銀行を起用していないという。

1990年代の不良債権危機に対応するためバッドバンクとして創設さ れた信達資産は株式・債券発行の引き受けなどに業務を拡大し、米ゴー ルドマン・サックス・グループなどウォール街の金融機関と競ってい る。信達資産の取締役会秘書(北京在勤)はコメントを控えた。

原題:China Bad Bank Said to Plan $3 Billion Share Sale in Hong Kong(抜粋)

--取材協力:Zhang Dingmin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE