NY外為:ドルが対ユーロで反落、騰勢続かず-円は一時上昇

14日のニューヨーク外国為替市場で はドルが下落。前日はユーロに対して12月以来の高値まで上昇した。債 務危機からの回復を目指す欧州は首脳会議(サミットを開き、経済への 悪影響緩和を討議している。

円は対ドルで一時上昇。衆院は14日午後の本会議で、安倍晋三政権 が国会に提示した日本銀行総裁に黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総 裁を充てるなどの日銀正副総裁人事案を採決した。黒田氏は積極的な金 融緩和に前向きとされる。

オーストラリア・ドルは1カ月ぶり高値に上昇。2月の雇用者数が 約13年ぶりの大幅増となったことが背景。英ポンドは上昇。今週に入っ てポンドは2010年以来の安値まで下げた。

ミラー・タバクの主任経済ストラテジスト、アンドルー・ウィルキ ンソン氏は「投資家は恐らくこれほどの安値でユーロとポンドを売却す ることにあまり乗り気ではない。これが値を戻す手掛かりの一つだった のだろう」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時7分現在、ドルは対ユーロで0.3%下げ て1ユーロ=1.3005ドル。ドルは対円でほぼ変わらずの1ドル=96円11 銭。円はこの日、対ユーロで0.3%下げて1ユーロ=124円99銭。英ポン ドは対ドルで1.1%上昇した。

衆院は次期日銀総裁に黒田氏を充てる政府の国会同意人事案を賛成 多数で可決し、次期副総裁に学習院大教授の岩田規久男、日銀理事の中 曽宏両氏を充てる人事案も賛成多数で可決した。参院は15日の本会議で 日銀人事案を採決する。

オーストラリア・ドルの上昇

オーストラリア・ドルは主要16通貨の大半に対して上昇した。豪統 計局が発表した2月の雇用者数は前月比7万1500人増と、ブルームバー グがまとめたエコノミスト24人の予想中央値は1万人増だった。前月は 1万3100人の増加だった。オーストラリア・ドルは対米ドルで0.8%上 昇。対円でも0.8%値上がりした。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週比1万件減の33万2000件と、1月中旬以来の低水準。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト49人の予想中央値は35万件へ の増加だった。より変動の少ない4週移動平均は34万6750件と、景気後 退下にあった2008年3月以来の水準に減少した。

ドル指数の見通し

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は0.4%下げて82.591。

ゲイン・キャピタル・グループ(ニューヨーク)のシニア為替スト ラテジスト、エリック・ビロリア氏は「最近の経済統計は予想外に明る い内容だ。ドル相場はそれに前向きに反応している」と述べた。

ブルームバーグがまとめたエコミスト予想の中央値によると、ドル 指数は年末までに81.6まで下げるとみられている。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは年初から1.5%上昇。ドルは3.1%上昇した。一方、円 は8%下げた。

原題:Dollar Falls From Three-Month High as Rally Fades; Aussie Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE