海外勢の日本株週間買い越し、1兆円乗せ過去最大-3月1週

日経平均株価がリーマン・ショック 直前の水準を約4年半ぶりに回復した3月第1週(4-8日)の日本株 市場で、海外投資家の買越額が初めて1兆円の大台に乗せ、週間の買い 越し規模としては過去最大に膨らんだ。

東京証券取引所が14日に発表した第1週の投資部門別売買動向によ ると、東京、大阪、名古屋3市場の1・2部合計で、海外投資家は差し 引き1兆173億円を買い越し、これまで最高だった2004年3月1週 の9678億円を上回った。17週連続の買い越しで、金額は前の週(2958億 円)の3.4倍に拡大。3市場データは1982年7月から公表されている。

BNPパリバ証券の丸山俊日本株チーフストラテジストは、米国景 気の改善が海外勢のリスク許容度を高める中、「安倍政権のリフレ政策 を期待した買いが引き続き入った」と指摘。円安ペースに比べ株価の上 昇ペースがこの1カ月は速く、「為替と株価の非連動(デカップリン グ)が目立ち始め、ドルベースの日本株上昇で、中長期投資家がベンチ マークに負けないよう買ってきている」とも話していた。

市場全体の売買代金シェアで約6割を占める海外勢の強い買いが主 導する形で、この週の日経平均株価は前の週末に比べ5.8%高の1 万2283円62銭となり、米証券リーマン・ブラザーズが経営破綻する直前 の08年9月12日の終値(1万2214円)を上回った。週間ベースの上昇率 は、11年11月最終週(5.9%高)以来の大きさ。

一方、国内の投資家は全て売り越した。売買シェアで32%と2位の 個人投資家は3週連続の売り越しで、売越額は2783億円と11年2月3週 以来の水準に拡大。このほかの投資部門の売越額は、証券自己(2997億 円)、年金基金などの動向を反映する信託銀行(2000億円)、事業法人 (708億円)。投資信託(285億円)、生保・損保(350億円)、都銀・ 地銀等(420億円)、その他金融機関(342億円)、その他法人等(72億 円)などだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE