インド:2月のインフレ率、予想外に上昇-利下げ余地縮小

インドのインフレは市場予想に反し て2月に加速した。1月の卸売物価指数(WPI)上昇率は約3年ぶり の低水準となっていた。金融政策決定会合を来週に控えたインド準備銀 行(中央銀行)にとっては、追加利下げの余地が縮小した。

商工省が14日発表した2月のWPIは前年同月比6.84%上昇。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト29人の予想中央値で は、6.6%上昇が見込まれていた。1月は6.62%上昇だった。

コタク・マヒンドラ銀行のチーフエコノミスト、インドラニル・パ ン氏(ムンバイ在勤)は統計発表前に、「インド中銀が積極的な利下げ を実施する上で、高水準でのインフレ長期化と大幅な経常赤字が妨げと なる公算が大きい」と指摘した。同氏は中銀が今月19日に政策金利 を0.25ポイント引き下げると予想している。

原題:Indian Inflation Unexpectedly Quickens in Dent to Rate-Cut Case(抜粋)

--取材協力:Manish Modi、Pradeep Kurup、Hari Govind.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE