中国全人代、習近平氏を国家主席に選出-党・政府・軍を掌握

中国の全国人民代表大会(全人代、 国会に相当)は14日、新たな国家主席として共産党の習近平総書記を選 出した。胡錦濤氏を引き継ぎ、政府を率いる。

習氏(59)は昨年11月に党総書記と党中央軍事委員会主席に就任。 中国の最高指導者として胡氏が党と政府、軍のトップ全てを握るのにほ ぼ2年、その前任の江沢民氏は約4年かかっていた。

英国の外交官として北京駐在経験があるシドニー大学のケリー・ブ ラウン教授は、退任した党の重鎮が依然として幅を利かせる政治システ ムにおいて、これらの公的ポストの全てを握ることは習氏に必要なリー ダーシップを与えると説明。「骨格を成すのが党総書記で、これに肉付 けされる。全ての権力がこれほど迅速に習氏に移譲されるのは極めて重 要なことであり、党の長老や各派からの絶大な信頼を表すものだ」と語 った。

全人代は賛成2952票、反対1票、棄権3票で習氏を国家主席に選 出。国家副主席には党中央組織部長を務めた李源潮氏(62)が選ばれ た。

習氏は国家主席として今月、ロシアとタンザニア、南アフリカ共和 国の3カ国を訪問する予定。南アフリカではダーバンで開かれる BRICS(新興5カ国)首脳会議に出席する。

世界2位の経済規模

習氏は10年前の指導部交代期よりも豊かで軍事力の増した国家を引 き継ぐ。2002年当時の中国は経済規模でイタリアと7位を競っていた が、12年の国内総生産(GDP)は51兆9000億元(約800兆円)と米国 に次ぐ世界2位。13年の国防予算は10.7%増え7406億元となった。

一方、統計局のデータでは所得分配の不平等さを測るジニ係数が昨 年0.474に上昇し、アナリストが社会不安を招く恐れがあるとする0.4を 上回ったことが示された。

習氏は昨年12月に河北省の貧困地域を視察した際、国の経済成長の 恩恵を広く行き渡らせることを約束。15日に首相選出が確実視されてい る李克強氏は同じ時期に江西省を訪れ、貧富の格差是正を目指す考えを 示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE