英銀HSBCとスタンダード、香港で住宅ローン金利引き上げ

英銀HSBCホールディングスとス タンダードチャータードは香港で提供する住宅ローン金利を引き上げ た。不動産バブルで金融の安定が損なわれるとの懸念から香港当局がリ スク規制を強化したことを受けたもので、引き上げは2011年以来初め て。

両行は13日、個別に電子メールで配布した資料で、最優遇貸出金利 に連動する住宅ローン金利を25ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)引き上げ、14日から適用することを明らかにした。これに伴 いHSBCの最優遇貸出金利にリンクするローン金利は従来の2.6 -2.9%から2.85-3.15%となる。

香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)は2月に銀行に対 し、資本バッファーを十分に確保するため新規の住宅ローンに15%以上 のリスクウエートを設定するよう求めた。スタンダードチャータードは 先週、規制強化に伴い同行の住宅ローン向け資金調達コストは20-25b pの範囲で上昇するとし、ローン金利の引き上げが必要になる可能性を 示唆していた。

住宅ローン照会サービスの経絡按揭によると、香港の住宅ローン市 場の2月のシェアはHSBCが17%で2位、スタンダードチャータード は13%で4位だった。

原題:Hong Kong Banks Boost Rates as Government Cools Property Market(抜粋)

--取材協力:Kelvin Wong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE