米CFTC:ロンドン金と銀の値決めに操作の余地ないか検証-WSJ

ロンドン市場の金と銀の値決め価格 を操作する余地がないかどうかについて、米商品先物取引委員会 (CFTC)が検証を進めている。米紙ウォールストリート・ジャーナ ルが、事情に詳しい複数の関係者からの情報として報じた。

同紙によれば、正式な調査は開始されていないが、十分な透明性が 確保されているかどうかを含めて「値決め」のさまざまな側面を CFTCは内部で検証している。

ロンドン市場の値決めは、英銀バークレイズとHSBCホールディ ングス、ドイツ銀行、仏銀ソシエテ・ジェネラル、バンク・オブ・ノバ スコシアの5行によって各営業日の午前と午後の2回設定されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE