LBO成立目指す米デル、株主サウスイースタンに情報公開へ

米デルは社外の最大株主であるサウ スイースタン・アセット・マネジメントに投資家情報を公開することで 同意した。サウスイースタンはデルの244億ドル(約2兆3400億円)規 模のレバレッジド・バイアウト(LBO、買収先の資産資産などを担保 にした借り入れによる買収)計画に最も強く反対する株主の1社。

サウスイースタンは先週、同社の「ロングリーフ・パートナーズ・ ファンド」(資産77億ドル)向けにデルのLBO計画を議論するため株 主情報の閲覧許可を求めていた。米証券取引委員会(SEC)に12日提 出された文書によれば、デルは秘密保持を条件にサウスイースタンに情 報を入手することを認める。

デルは先に株主の資産家カール・アイカーン氏に秘密情報の閲覧を 認めることで合意。創業者のマイケル・デル最高経営責任者(CEO) とシルバーレーク・マネジメントが提示したデルのLBO計画に対する 代替案を探るため株主らは圧力を強めている。サウスイースタンとデル の社外株主2位のTロウ・プライス・グループは、1株当たり13.65ド ルのLBOはデルを過小評価するものだと反対を表明している。

デル取締役会は代替案を受け付ける「ゴーショップ期間」を今月22 日まで設けている。LBOを成立させるにはデルCEOを除く株主の過 半数の同意が必要。

原題:Dell to Open Investor List to Southeastern Amid LBO Dispute (3)(抜粋)

--取材協力:Karl Baker、Lisa Rapaport.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE