BOAに補償金支払い命令-ブラジルで収監のメリル元銀行員に

米バンク・オブ・アメリカ( BOA)のメリルリンチ部門はアレクサンドレ・カイアド元社員が同社 での職務に関連する違法行為で5日間収監されたことをめぐり、15万レ アル(約730万円)の補償金を支払うようブラジルの裁判所から命じら れた。

今月の官報に掲載された資料によれば、サンパウロの労働裁判所 は、カイアド元社員がメリルで下級の金融コンサルタントの地位にあっ たために収監されたことは「議論の余地がない」と判断した。同元社員 は逮捕・起訴されたが、有罪判決は受けていない。

カイアド元社員(42)は2006年6月、メリルの顧客の海外不正送金 をほう助した罪で連邦施設に拘置された。同元社員の逮捕は、結果的に ブラジルのクレディ・スイスとUBSのバンカー18人の起訴につながっ た捜査の一環だった。メリルは、事業再編の一環だとして同元社員をそ の9カ月後に解雇した。

BOAはこの件についてコメントを控えた。カイアド元社員は取材 に対し、補償金の増額を求めて高等労働裁判所に上訴したと語った。

原題:BofA Ordered to Pay Ex-Merrill Lynch Banker Jailed in Brazil (1)(抜粋)

--取材協力:Arnaldo Galvao.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE