中国人民銀のRQFII、欧米金融機関に拡大-貨幣政策責任者

中国人民銀行(中央銀行)は、香港 に事業基盤を持つ欧米金融機関に対して、オフショアで調達した人民元 を中国資本市場への投資に使うことを認める。人民銀は先週、人民元適 格外国機関投資家(RQFII)と呼ばれるこの制度を拡充した。

人民銀の貨幣政策担当部門の責任者を務める李波氏は13日、香港樹 仁大学での講義で、香港での人民元オフショア事業を支援する動きの一 環として「香港で事業活動をする金融機関は中国、香港、米国、欧州系 のいずれにかかわらず、RQFII制度に参加できる。制限は現在な い」と述べた。

中国証券監督管理委員会(証監会)は先週、RQFIIの対象を、 香港で「主たる事業活動」を行っている金融機関に広げた。従来は中国 の証券会社と資産運用会社の香港部門だけが参加を認められていた。

英スタンダードチャータード香港部門の洪丕正最高経営責任者 (CEO)は7日、RQFIIへの参加に「大変な関心を持っている」 と述べた。同行は昨年、総収入の約18%を香港で稼いだ。

李氏はまた、国際通貨基金(IMF)の国際準備資産である特別引 出権(SDR)のバスケットに人民元が加えられることを中国は希望し ているとも語った。

原題:Wall Street Banks Eligible for Expanded RQFII, PBOC’s Li Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE