米社債保証コスト、約2年ぶり低水準-小売売上高の大幅増で

13日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場で、米企業の社債保証コストは低下し、約2年ぶ り低水準となった。米小売売上高が5カ月ぶりの高い伸びとなったこと が材料視された。

ブルームバーグの集計データによると、北米企業の信用リスクの指 標であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドはニューヨ ーク時間午後4時51分(日本時間14日午前5時51分)現在、0.7ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下の79.1bp。これは2011年2 月8日以来の低水準。

2月の米小売売上高は前月比1.1%増加。ブルームバーグがまとめ たエコノミスト82人の予想中央値の0.5%増も上回った。

ジャニー・モンゴメリー・スコット(フィラデルフィア)のチーフ 債券ストラテジスト、ガイ・リーバス氏はこの日の電話取材に対し「楽 観的な景気データが再び示され、クレジット市場に支援材料がまた一つ 加わった」と述べた。

原題:U.S. Company Credit Swaps Fall to 2-Year Low; Glaxo Sells Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE