欧州経済、最大で1.5%縮小も-PIMCOのエラリアン氏

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)のモハメド・エラリアン最高経営責任 者(CEO)によると、欧州経済は向こう1年間で1-1.5%縮小する 可能性がある。民間企業の資金借り入れは厳しく、緊縮政策が成長を抑 制するという。

エラリアン氏はブルームバーグラジオのインタビューで、「民間部 門は依然として融資確保にあえいでいる」と述べ、「緊縮策が実施中で あることを考えると、経済は縮小する。これは失業、特に若年層の失業 にとって良くない」と述べた。

同氏の見通しは、欧州中央銀行(ECB)が示した予想より深刻 だ。ECBは先週、ユーロ圏の今年の成長率見通しをマイナス0.5%と し、3カ月前に予測したマイナス0.3%から下方修正した。

アイルランドで2010年の同国救済以来初めて10年債が13日発行され たことについては、欧州の金融セクターが緩やかに回復しつつある兆候 だとエラリアン氏は述べた。

米国の向こう1年の成長率をプラス1.5-2%とみる同氏は、議会 の「機能不全」がそれ以上の成長を妨げていると指摘した。

原題:Europe to Contract as Much as 1.5%, El-Erian Says: Tom Keene(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE