NY外為:ドルが対ユーロ3カ月ぶり高値、予想上回る統計で

13日のニューヨーク外国為替市場で はドルが対ユーロで3カ月ぶり高値に上昇した。朝方発表された2月の 米小売売上高が過去5カ月間で最も高い伸びを示したことが材料となっ た。

イタリア政府が実施した国債入札で借り入れコストが上昇すると、 ユーロは下落した。円は主要通貨の過半数に対して上昇。最大野党の民 主党が岩田規久男・日銀副総裁候補案に反対する方針を明らかにしたこ とが背景。岩田氏は積極的な量的緩和支持者として知られている。ニュ ージーランド・ドルは下げ幅を拡大。ニュージーランド(NZ)準備銀 行(中央銀行)が政策金利であるオフィシャル・キャッシュ・レートを 過去最低の2.5%に据え置いたことが嫌気された。

野村ホールディングスの外国為替ストラテジスト、チャールズ・サ ンタルノー氏(ニューヨーク在勤)は、「米経済統計が景気の強さを示 しており、これが幅広いドル買いを支えている」と述べ、「過去2年間 の動向から見て、米国の明るいニュースは実際はドルの買い材料である ことがわかるだろう」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで0.6%上昇して 1ユーロ=1.2961ドル、昨年12月10日以来の高水準となった。ドルは対 円でほぼ変わらずの1ドル=96円13銭。ユーロは対円で0.5%安の1ユ ーロ=124円59銭。

ニュージーランド・ドルは対米ドルで1%安、対円でも1%下げ た。

イタリアの入札、米国の小売売上高

イタリアの国債入札結果によると、33億2000万ユーロ相当の2015年 償還債の落札利回りは2.48%と、2月13日の入札時の2.3%を上回っ た。20億ユーロの28年償還債の利回りは4.9%。1月15日に銀行団を通 じて発行した際は4.805%だった。

米商務省が発表した2月の小売売上高(速報値)は、季節調整済み で前月比1.1%増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト予想中央値は0.5%増だった。変動の大きい自動車とガソリンを除く 売上高は2月に前月比で0.4%増加した。

SLJマクロ・パートナーズ(ロンドン)の共同創設者、スティー ブン・ジェン氏は、ブルームバーグFXディベートで「米国だけが回復 の確かな兆しを見せている」と述べた。

日銀人事案への各党の見解

安倍晋三政権が国会に提示した日本銀行の人事案について、みんな の党は日銀総裁に黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総裁、副総裁に中 曽宏日銀理事を充てる案に反対を表明し、岩田氏の副総裁案を賛成とす る方針を決定した。

また、日本維新の会は黒田、岩田両氏に賛成、中曽氏には反対する 方針を決めた。民主党は12日、黒田氏と中曽氏の人事案に賛成、岩田氏 には反対する方針を決定した。

ドルに対する円のリスク・リバーサル(25デルタ)は前日、昨年6 月19日以来初めてマイナスとなり、円を買ってドルを売る権利を確保し ようとする動きが強まった。円のコール(買う権利)のプット(売る権 利)に対するプレミアムは0.14%となっている。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、円は年初から7.8%下落。ドルは3.4%上昇、ユーロは1.4%値 上がりした。

原題:Dollar Reaches 3-Month High Versus Euro; Kiwi Falls After RBNZ(抜粋)

--取材協力:Anchalee Worrachate.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE