米輸入物価指数:2月は前月比1.1%上昇-燃料コスト伸びる

米国の2月の輸入物価は半年ぶりの 大幅な伸びとなった。エネルギーコストの上昇が反映された。

米労働省が発表した2月の輸入物価指数は前月比1.1%上昇した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は前月 比0.6%上昇だった。前月は0.6%上昇。

輸入物価指数は前年同月比では0.3%低下した。

石油は前月比5.2%上昇と、昨年8月以来の大幅な伸びとなった。 ICEフューチャーズ・ヨーロッパのブレント原油は1月、バレル当た り平均112.32ドル。2月は同116.07ドルに上昇した。今月12日時点では 同110ドル前後に下落している。

全ての燃料を除いたベースでは、2月の輸入物価は前月比でほぼ変 わらず。前年比でも横ばいだった。

自動車は前月比ほぼ変わらず。自動車を除く消費財は同0.1%上昇 した。資本財は前月比で0.1%低下。前年比では0.4%低下と、2010年7 月以来の大幅な下げとなった。

い。

原題:Import Prices in U.S. Climbed in February as Energy Costs Jumped(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE