コメルツ銀:25億ユーロの増資を計画、政府などに資金返済へ

ドイツ2位の銀行、コメルツ銀行は 株式売却を通じて25億ユーロ(約3110億円)の資金を調達する計画を明 らかにした。政府やアリアンツから受け入れた資金の返済に充てる。計 画発表を受けてコメルツ銀の株価は2011年11月以来の大幅安となった。

同行は13日に電子メールで配布した資料で、発行株式数を58億3000 万株から5億8300万株に減少する株式併合案の承認を4月19日に株主に 求めることも明らかにした。

09年の182億ユーロ規模の公的支援の受け入れにより、政府がコメ ルツ銀の25%を保有している。同行は資本強化や個人向け銀行業のリス トラ、不採算の輸送業と不動産向け事業の閉鎖を進めている。11年6月 に実施した前回の株式売却では、調達した53億ユーロを公的資金の返済 に充てた。

キーフ・ブリュイエット・アンド・ウッズ(ロンドン)のアナリス ト、ロニー・レーン氏は電話インタビューで、「今回の計画で株価収益 率は約15%希薄化することから、投資家にとってはかなり受け入れ難 い」と発言。「改革が進み前向きな話題が出るであろう今年後半に発表 されると見込んでいた」と付け加えた。

フランクフルト市場でコメルツ銀の株価は一時、前日比14%下げ た。午後3時57分現在は11%安の1.25ユーロで、時価総額は73億ユー ロ。

原題:Commerzbank Seeks $3.3 Billion From Investors; Shares Slump (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE