香港株(終了):下落、不動産株安い-人民銀総裁発言も響く

香港株式相場は下落。政府が不動産 価格を抑制する取り組みを強化するとの懸念で、中国の不動産株が安 い。中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁が中国はインフレを十分に 警戒すべきだとし、金融政策は「もはや緩和的ではなく、中立的だ」と 言明すると、株価はさらに下げ幅を拡大した。

全収入を中国本土で稼ぐ不動産会社のチャイナ・リソーシズランド (華潤置地、1109 HK)は4%安。香港上場の中国不動産開発会社で最 大手の中国海外発展(688 HK)も下落。深圳市当局は不動産開発会社に よる新築住宅の値上げを禁止したと、シナ・ドット・コムが伝えた。

ドイツのBMWと提携している華晨中国汽車(1114 HK)は5.8%下 落。売上高で同業他社に後れを取っているとKGIセキュリティーズに 指摘された。中国南車(1766 HK)や中国鉄建(1186 HK)など中国の鉄 道株も安い。鉄道省の解体計画に伴い、投資が減少するとの懸念が広が った。

ハンセン指数は前日比333.95ポイント(1.5%)安の22556.65で終 了。前日からの下落率は2.3%に達し、2日間としては2月5日以来で 最も下げた。構成50銘柄のうち、49銘柄が値下がりした。ハンセン中国 企業株(H株)指数は前日比2.3%安の11037.41と、昨年12月11日以来 の安値で引けた。

UOBケイ・ヒアンの法人セールスディレクター、梁偉源氏は不動 産市場の「引き締め策が依然として懸念されている」と指摘した。

原題:Hong Kong Stocks Fall as Developers Tumble on Price Curb Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE