アジア株:MSCI指数、続落-中国の不動産株が安い

13日のアジア株式相場は続落。ここ 3週間の値上がりでMSCI指数が1年7カ月ぶり高値に達したことを 受け、上昇ペースが速過ぎるとの懸念が広がった。中国の不動産株が安 い。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時10分現在、前日 比0.4%安の135.64。構成銘柄中、値下がりと値上がりの比率は約2対 1。米中両国の景気が回復しつつある兆しを受けて、同指数はこの3週 間に2.1%上昇している。

香港上場の中国不動産開発会社で最大手の中国海外発展は、深圳市 当局が不動産開発業者に新築住宅価格の値上げを禁じたとの報道から下 落。資産規模でオーストラリア最大の銀行ナショナル・オーストラリア 銀行(NAB)も安い。

原題:Asian Stocks Decline for Second Day as Chinese Developers Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE