米BOA:不動産評価部門の人員約5%削減-ローン債権圧縮で

米銀2位のバンク・オブ・アメリカ (BOA)は先月、不動産評価部門の人員を約5%削減した。事情に詳 しい関係者2人が非公開情報であることを理由に匿名を条件に語った。

関係者によれば、住宅金融のカントリーワイド・ファイナンシャル を買収した際にBOAが取得し、社員数が1000人を上回る「ランドセー フ」部門の人員削減が2月22日に始まった。ランドセーフのシニア・バ イスプレジデント、トレーシー・サンダーソン氏はスタッフに宛てた2 月25日付の電子メールで、不動産鑑定士や地域担当マネジャーが削減の 対象であることを明らかにした。

BOAは2008年にカントリーワイドを買収して以降、問題のある住 宅ローンに関連する400億ドル(約3兆8300億円)を超えるコスト負担 に苦しみ、不動産ローン債権の圧縮に動いている。ニューズレターのイ ンサイド・モーゲージ・ファイナンスによれば、かつて米住宅金融最大 手だったBOAは、現在では第3者経由のモーゲージ販売を中止し、昨 年10-12月(第4四半期)時点で業界5位となっている。

原題:BofA Said to Cut 5% of Property Appraisers as Workload Shrinks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE