世界で最も喫煙率高く飲酒量多いのは欧州-WHO

世界で最も喫煙者の割合が高く飲酒 量が多い地域は欧州であるとの報告書を、世界保健機関(WHO)が発 表した。欧州でたばことアルコール飲料の価格が上昇すれば、喫煙や飲 酒が原因となる死亡や疾病が抑制される可能性があるとしている。

WHOが13日発表した欧州の健康に関する3年ごとの報告書による と、WHOの欧州地域事務局管内の53カ国では、15歳以上の人の平 均27%が喫煙しており、この割合は世界で最も高い。欧州の人々のアル コール飲料の消費量は年間平均10.6リットルで、世界で最も多かった。

WHOによると、喫煙と飲酒はがんや心臓病、呼吸器疾患の主な原 因となる。WHOは、価格が割安であるために需要が増え、健康に悪影 響を及ぼしていると指摘した。

原題:Europeans Are World’s Biggest Smokers and Drinkers, WHO Finds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE