中国サンテック、15日に債務返済必要か-支払い猶予合意でも

中国のソーラーパネルメーカー、サ ンテック・パワー・ホールディングスは、5億4100万ドル(約519億 円)相当の転換社債の支払い猶予に関する今月11日の合意に応じていな い保有者に対して支払いを余儀なくされる可能性がある。

サンテックは11日の発表文で、保有者の約60%が5月15日まで権利 を行使せずに待つことに同意したと説明した。

残る40%の保有者の一部は、支払い猶予に関してサンテックから連 絡を受けておらず、予定通り3月15日の支払いを求める考えを示してい る。サンテックは過去2年の赤字決算を受けて債務再編を模索している が、調査会社コベナント・レビューの創業者、アダム・コーエン氏によ れば、同社は支払いの延期ができなくなる恐れがある。

コーエン氏は12日のインタビューで、債券保有者は転換社債の償還 日に元本の返済を受ける「絶対的な権利」があると述べ、「保有者の過 半数や60%が60日間猶予すると言うのは関係ない」と語った。

ディストレスト債ヘッジファンドのトロンドヘイム・キャピタル・ パートナーズのマネジングディレクター、コリン・ピーターソン氏は、 サンテックが支払わない場合に訴訟を申し立てるだけの債券を保有して いると説明。サンテックから支払い猶予合意の発表前に連絡を受けてい なかったことを明らかにし、「債券保有者なら強制破産を申し立てる か、支払いを求めて提訴できると思う」と語った。

ニューヨークの法律事務所ウィルマー・カトラー・ピカリング・ヘ ール・アンド・ドアのパートナー、ジェームズ・ミラー氏は12日のイン タビューで、支払い猶予合意に署名していない債券保有者は「15日に支 払いが履行されなけば直ちに州裁判所に訴えるか、もしくは強制破産申 し立てに向けた措置を講じる権利がある」と指摘。サンテック債保有者 から連絡を受けたというミラー氏は「私が見たどの情報も15日にサンテ ックがデフォルト(債務不履行)に陥ることを示唆している」と語っ た。

原題:Suntech Required to Make Debt Payment on Friday, Bondholders Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE