朱民IMF副専務理事:金融緩和でインフレリスク-警戒促す

国際通貨基金(IMF)の朱民副専 務理事は金融刺激策の必要性とインフレをあおるリスクについて、世界 の政策当局者は注意深くバランスを保つ必要があるとの見解を示した。

副専務理事は米ジョンズ・ホプキンズ大学での講演で、中国はより 消費主導型の経済へ移行する必要があり、IMFは同国の成長見通しに ついて依然として楽観的だと語った。

原題:IMF’s Zhu Sees Inflation Risk in Monetary Easing, Urges Caution(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE