NY銅:1週間半ぶり高値-中国乗用車販売や米統計を好感

12日のニューヨーク銅先物相場は上 昇し、1週間半ぶりの高値を付けた。統計で中国乗用車販売の力強さや 米雇用市場の改善が示されたことで、需要見通しが明るくなった。

中国自動車工業協会(CAAM)が11日発表した1-2月のスポー ツ型多目的車(SUV)を含む乗用車販売台数は前年同期比20%増 の284万台と、2010年以来の力強い年初スタートとなった。米国の経済 統計では、1月の求人件数の増加や、2月の中小企業信頼感の3カ月連 続改善が示された。中国と米国は銅の最大消費国。銅相場は今月1日に 付けた3カ月ぶり安値から2.4%上昇している。

ゼイナー・グループ(シカゴ)のシニア市場ストラテジスト、ジョ ン・ペトリー氏は電話インタビューで、「経済が力強さを増すのに伴 い、原材料需要が増大することが期待できる」と指摘。「銅は過小評価 されているのかもしれない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 5月限終値は前日比1.1%高の1ポンド=3.5545ドル。一時は3.576ドル と、2月28日以来の高値を付けた。

原題:Copper Rises as China Car Sales, U.S. Job Growth Bolster Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE